最終的にあなたは?どんなお客様でサロンを満たしたいのですか?

昨日の続きです。

 

「クーポンサイトに掲載するようになったら

新規のお客さんが来るようになった!」

 

それはありがたいことです。

 

けれど

サロンオーナーさんの疑問は

なぜ来て欲しいメニューをお客様が選んでくれないのか?
違うメニューが選ばれているということが悩みでした。

 

そして

他のメニューが選ばれている理由は

昨日までにお伝えしました。

 

 

では今日は、この次。

 

サロンオーナーさんの気持ちは

一切のディスカウントをせずに
このオススメのメニューを選んで欲しい

そうです。

そのためにどうしたらいいか??

 

このメニュー、ぜひお客様に

月1回受けていただけると

身体がだんだんと変化してくる

一押しのメニュー!なのだそうです。

 

わかります。

気持ちはわかります。

 

いったん、このクーポンサイトとは

切り離して

サロンを最終的にどうしたいのか?

ゴールを確認しましょう。

 

最終的に

あなたは

サロンをどんなお客様で満たし

どんな経営をしたいか?

 

 

おそらく私が考えるには

 

この

当店オススメのメニュー13200円を

月に1回しっかり継続して受けていただけるお客様を

数多く育てて

サロンの売上の柱にすること!

 

これが、この方にはゴールなんだと思うのです。

 

安定的な月100万経営を

支える
質の良い継続顧客様の育成

が活動のテーマになります。

 

そして

次に考えなければいけないことは

 

そんなあなたのサロンにドンピシャの

質の良いお客様を

クーポンサイトのお客様で

一発で呼べるのか?

 

という話です。

 

これが可能であれば

もちろん、ウハウハですねー!

 

果たして

あなたのサロンに

最終的に来ていただくべきお客様は

(これから出会いたいお客様は)

 

どんなお悩みをお持ちで

どんなところで解決しようとして

日々どんなことを考えながら生活していて

どんな行動をとっていらっしゃるんでしょうか?

どんなことを「検索」しているでしょうか?

 

そのお客様は

そのお悩みを解決するために

サロンを探されていらっしゃるでしょうか?

しかもそれが

ホッ〇ペッ〇ーでしょうか?

 

最終目標から逆に辿っていき

本当に求めているお客様が

いらっしゃる場所に

広告が出されているかどうか?

 

検証しなければいけませんね。

 

この方のサロンは

「温活」がテーマです。

女性特有の生理不順、更年期

冷え、肩こり、イライラ、のぼせ、むくみ・・・・・

 

こういったことを子宮からケアする

マッサージ・・・・等々、できるサロンなのだそうです。

 

素晴らしいですね!!!!!

 

絶対、ニーズはあるし

お役に立てるお客様はきっと

いっぱいいらっしゃると思うのです。

 

あとは

こういう・・・

不妊や更年期にもつながるような

ともすれば深いお悩みをお持ちの方が

 

「キレイになれるビューティーサロンを探せる」

このクーポンサイトで悩みを解決しようと思って見ている人が

どのくらいいらっしゃるでしょうかねえ?

 

0人ではないかもしれない・・・ですが

 

継続的に13200円を受けらければならない理由をお持ちのお客様です。

 

これはね

もしかしたらね

 

そういう

お悩みを解決したいと願うお客様は

 

ビューティーのサロンを探すのではなく

 

漢方薬局であったり

ヨガスタジオであったり

 

そういうところに解決を求めてる可能性もあるのですよ・・・・

 

悩みが深ければ深いほど・・・・・!!!!

 

そして

その方にとって

 

「継続的に13200円の施術をサロンで受けることで

そのお悩みが解決してしまう」という

方法があるということ自体を

ご存知ない可能性があるのです。

 

その場合、もし知っていたら・・・

月13200円なんてとっても安い金額だったりするかもしれませんよ・・・・

 

だって・・

悩みが深い人にとっては

お金や距離は関係ないのです。

確実に解決することにだったら

しっかり支払います。

 

伝わってますかーーーーーー??

 

ですからもちろんディスカウントする必要はありません。

価値を届けるべきお客様に

届けることがもっとも大事です。

 

クーポンサイトに

最終的の求めているお客様がいらっしゃるのかどうか?

 

いらっしゃると言えるならばしっかり価値を打ち出してください。

 

 

それと

まだサロンが走り出してばかりの頃は

予約枠も空いてますし

サロンの認知度も低いですから

 

不本意かもしれませんが

経営のために

 

私だったら

もう今のまま

ホッ〇ペッ〇ーは

まだしばらく利用します。

この真ん中のメニューでもいいじゃないですか。

まず集客できていることは

少なくとも

今来店される方にとっては

この真ん中のメニューは届いているということです。

 

まず、来店していただき

この方たちには

本来のこのサロンの凄さ、価値を

しっかりとお伝えする機会

サロンを知っていただく機会を

いただいたのだと解釈します。

 

そうやって

割り切って(私なら)

クーポンサイトを使います!

 

 

おそらくクーポンサイトには

その悩みの深ーーーーーーいお客様は

いらっしゃいません。

 

しっかりと

本来サロンに来ていただくべきお客様を分析し

そのお客様と出会える場所を

探しながらの

同時進行で。

 

ちゃんと来ていただきたいお客様で満たされたなら

もう一人では忙しくって・・・・

てんやわんやな日がやってきマスヨ( ^ω^ )

 

 

%name%さんのサロン経営の

参考になれば

嬉しいです( ^ω^ )

 

 

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事